MENU

乳児湿疹は母乳に関係ありって本当!?

可愛いぷにぷにのお肌もしばらくするとカサカサになって赤いぶつぶつが...こんな乳児湿疹は初期育児の大きな悩みのひとつですよね。なかなか治りにくく、繰り返すしと困っている方も多いと思います。しかし、意外な理由かもしれませんが、赤ちゃんに飲ませているママさんの母乳が乳児湿疹の原因になる可能性があることを、ご存知ですか?普段から赤ちゃんの保湿や清潔にすることを気をつけていても乳児湿疹が治らない場合には、母乳が原因かもしれませんよ。

 

なぜ母乳が乳児湿疹に影響があるの?一体どんな食べ物に気をつけたらいい!? 見てるだけで可哀想な乳児湿疹...なんとかしてあげたい。

 

母乳育児中は、とてもお腹が空きますよね。ようやく出産も終わり、育児のストレスも重なり食に走るママさんも少なくありません。しかし、母乳はママの血液を元に作られているので、食べても食べても母乳に栄養を奪われてしまい、お腹が空くのは仕方がありません。でも、ここで注意が必要なのが、食べる量より質です。実は、こうした「食生活の乱れ」が、母乳の質を低下させて、乳児湿疹の原因になるということが明らかになっています。

 

乳児湿疹に母乳が影響していると考えられる場合は、一度食生活を見直してみましょう。まずは食事全体を、あっさりとした和食中心に変えてみてください。あっさりした脂肪分の少ない野菜と大豆や魚のタンパク質が中心の和食は、母乳の質を高めるには最適の食事ですよ。油を多く使うものは避け、味つけを薄くし、栄養価の高い食材を使うのが理想です

 

ケーキなどの洋菓子も脂肪分と糖が多くなるので、授乳期間だけの間と思って我慢したいところです。ただし、我慢のしすぎでストレスになってしまうと、かえって母乳の質が低下する原因となります。母乳の状態や赤ちゃんの肌の調子がよければ、食べる量に気をつけて食べてみてもかまいません。

 

母乳の質を下げる食品あれこれ

食事で揚げ物やお肉といった脂っこいものばかりを食べていたり、スナック菓子やチョコレート、ケーキなどの甘いものを食べたりしていると、母乳の質が悪くなる可能性があります。

 

大量の脂肪や糖質が母乳にも移行して、脂肪分や糖分が多く含まれた母乳になります。脂肪分と糖分の多い母乳が、乳児湿疹に影響を与えるといわれています。
また母乳の質が悪くなると赤ちゃんも飲まなくなり、母乳が詰まったりして悪循環となる可能性もあるので注意が必要です。

 

乳児湿疹は外部からの影響もあるので、こまめにオーガニックなミルクや保湿性の高い安全なスキンケアを心がけましょう。肌を清潔に保つホームケアが大切です。それに加えて、より質のいい母乳を飲ませてあげられるように食事改善に取り組んでいきましょう。
授乳中に限らず、脂肪分や糖分の多い食生活は健康のためにもあまりおすすめできません。赤ちゃんとママの健康やこれからの美容のためにも必ず食生活を見直していくことをオススメします。


このページの先頭へ