MENU

赤ちゃんの顔や体に現れる乳児湿疹!原因は何!?

肌のバリア機能が弱く超敏感肌な赤ちゃんは、様々な原因で湿疹が出やすくなります。しかし原因の特定が難しいので、乳児に起こる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼んでいます。悩めるママさんも知っていて欲しい原因と対策をまとめました。

 

「乳児湿疹」とは一体なんなの!? 治るのかなあ? 痒そうに自分でかいたりするし、とても心配...

 

「乳児湿疹」とは、生後2〜3週間から2ヶ月頃の赤ちゃんの顔やからだの一部に見られる湿疹の総称です。

 

「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」「新生児ニキビ」「あせも」なども「乳児湿疹」の一種です。症状もさまざまなので、区別がしにくいこともあります。お子さんによっては、症状がいくつも混在している場合もあるので、同じ日に違う病院に行って、一方では「乳児湿疹」、もう一方では「脂漏性湿疹」もしくは「アトピー」などといわれる場合もあります。

 

典型的な「乳児脂漏性湿疹」は、頭やおでこを中心にかさぶたのようなものができたり、ほほが赤くなるなどの症状があります。

 

乳児湿疹の主な3つの原因の解説

赤ちゃんの肌は大人に比べて湿疹が起こりやすい特徴があります。様々な原因で、顔や体に赤いぽつぽつができるようになり、度合いは個人差がかなりあるようです。

 

皮脂と汗の分泌が盛んであるから

赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発で、ママからもらった女性ホルモンの影響で生後3ヶ月頃までは皮脂の分泌が多くなります。皮脂の分泌が多い一方で、毛穴が小さいために非常に詰まりやすくなっており、乳児湿疹の中でも「新生児ニキビ」や「乳児脂漏性湿疹」が起こりやすくなります。

 

皮膚の角質層が薄い

肌の角質層は、潤いを保ったり有害物質の侵入を防いだりする大切な役割があります。しかし、赤ちゃんは角質層が未熟で薄いために肌がダメージを受けやすく、おむつかぶれやあせも、アレルギー反応で湿疹が出やすくなります。

 

肌の皮膚が薄くて乾燥しやすい

冬は空気が乾燥しているため、赤ちゃんの肌は乾燥に耐えられずに湿疹を起こしやすくなります。特に皮脂の分泌が落ち着く生後3ヶ月以降に冬を迎える秋生まれの赤ちゃんは、乳児湿疹の中でも乾燥タイプの「乾燥性皮膚炎」が出やすくなります。

 

 

 

乳児湿疹はたいていの赤ちゃんが経験するものですが、ママさんに一番注意して欲しいのが、湿疹をかきむしってしまい肌を傷つけたりなどして症状が悪化するとアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性もゼロではありません。そうならないようにちんとしたケアをしてあてください。

 

「乳児湿疹」は、きちんと肌を清潔に保っていれば、どんなに長くかかっても1年くらいで治ってしまいます。本人の皮膚のバリア、つまり抵抗力がしっかりできてくると症状が良くなってくるのです。だから、それまではばい菌が侵入するのを防ぐため、お風呂に入れて肌を清潔に保ってあげましょう。
症状がひどい場合は、赤ちゃんの頭や顔を洗ってあげる回数を増やすのも良いですよ。

 

また、肌が乾燥していると感じたら、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームを塗ってあげましょう。お風呂あがりは汗をかいていて乾燥しやすくなるので、きちんと保湿剤をつけてあげます。空気が乾燥しないように加湿器等で室内の湿度を調節するのも忘れずにしてあげましょう。


このページの先頭へ